サブメニュー

キャッシングは臨時の出費用

キャッシングの利用目的として生活費がよく挙げられます。確かに生活費が無くなるととても困りますから、必要に迫られてキャッシングの申し込みをするのは理解しやすいです。しかし、生活費に用いる場合は、生活費不足が一時的なものなのか、恒常的なものなのかが問題です。

 

もし、一時的なものならばキャッシングを利用してもそれほど問題ありません。利息がかかるのは損ですが、生活の質を落として我慢するよりはましでしょう。一方、恒常的なものならばキャッシングを利用するかどうかは少し考えたほうがよいでしょう。

 

もし、毎月、生活費不足に陥るのならば、返済に回す資金が捻出できるかは微妙なところです。すると、返済がなかなか進まなくなり、返済期間が伸びてしまい、多額の利息を払うことになりかねません。つまり、生活費不足が恒常的なものならば、生活スタイルの改善をすべきなのです。キャッシングに頼ったところで根本的な解決にはなりません。

 

生活費以外の用途でも考え方は同様です。資格取得でも旅行でも一時的な出費にすぎないのならキャッシングを利用してもよいですが、資格取得が長期に渡るとか、旅行が趣味で定期的に行かないと気がすまないというのなら、現在の収入の範囲でやりくりできるよう計画を見直すべきです。

 

生活費にも使えるキャッシングも、利息を抑えて借りるなら無利息サービスを使うと良いです。プロミスでも特定の条件を満たすと初回無利息特典が受けられますので、確認をしておきましょう。

 

ただ、気をつけてきたいのは無利息キャッシングによる返済負担の軽減は、初回に限られる点です。継続して返済の負担を軽くしたい場合にはオリックス銀行の低金利融資のような金利自体が低いところから借りる必要があります。